しわができる原因を特定できれば予防も改善もできる

顔のしわは、歳を取った証拠です。
いつまでも若々しくありたいと願う女性にとっては非常に嫌なものです。
顔にしわが出来てしまう原因は一体何故なのでしょう。
原因を突き止めて正しいケアをすればしわを改善出来るはずです。

しわが出来る主な原因

しわが出来る原因は、主に加齢です。
歳を重ねると皮膚の中のコラーゲンやエラスチン等が減少してしまいます。
コラーゲン等が皮膚にハリや弾力を与えていたのです。
しかし減少してしまう事によって皮膚はハリを無くし、しぼんでしまいます。
それがしわの原因になるのです。

小じわの原因は

しわは深いしわだけではありません。
顔のあちこちに出来る小じわもあります。
小じわの原因は、皮膚の表面の表皮と呼ばれる部分に問題があるのです。
表皮が傷ついたり、機能が衰えると皮膚の中の水分が蒸発しやすくなります。
水分を失った皮膚は、潤いや弾力を失い表面が乾燥します。
この乾燥が、小じわの原因です。

表情によって出来るしわ

いつも同じ表情をしていると、その部分の皮膚にクセが付いてしまいます。
いつも眉間にしわを寄せている人には、眉間にしわは刻まれてしまうのです。

しわが出来ないようにするためには

一度しわが出来ると改善するのに時間がかかります。
小じわならともかく、深いしわは厄介なものです。

紫外線は皮膚の最大の敵

皮膚にダメージを与える最大の敵は紫外線です。
紫外線は、さまざまなデメリットをもたらしますが、もちろんしわの原因にもなるのです。
紫外線のダメージを避ける事によって皮膚を守り、水分をキープするのです。
紫外線にはなるべく当たらないようにするのが大事です。

新陳代謝を活発にする

皮膚の再生能力を上げるには、血行を促進させる事です。
それには適度な運動をして、新陳代謝を活発にさせるのです。
血行が良くなれば、皮膚の隅々まで栄養や酸素が行き渡り、皮膚の再生能力がアップします。